肌に負担が少ないIPLフォトフェイシャル

肌に負担がすくないIPLフォトフェイシャルのご紹介です。フォトフェイシャルという言葉は聞いたことありますでしょうか?とても簡単に言うと、顔に光をあてる美容法です。
顔に光をあてることで肌に刺激をあたえて活性化させることで、お肌をきれいにする美容法です。
icebering1
その中でも、お肌に優しく負担を与えないIPLという光を使った美容法をフォトフェイシIャルといいます。

IPLとは(インテルス パルス ライト)の略称です。インテルスという特定の波長の光だけを作り出して照射します。このインテルスパルスライトは、お肌に負担を与えることなく、良い効果だけを与えることのできる光なのです。
この光を皮膚にあてると、皮膚の中のメラニン色素と、血管に作用します。メラニンはこの光を浴びると凝固作用がはたらき、黒いかたまりに変化します。血管は光を浴びることで温度が上がります。

凝固して黒いかたまり(かさぶたのようになります。)になったメラニンは、自動的に身体の外に排出されます。血管は温められることで血行が良くなると同時に、周囲の繊維芽細胞を刺激します。繊維芽細胞が刺激されるとコラーゲンが生成される作用が働きます。
血行が良くなることと、繊維芽細胞からコラーゲンが生成されてお肌がうるおい活性化されることによって、お肌の様々な症状が回復するのです。

同じように光をあてる美容法でレーザー治療法がありますが、大きな違いは肌への負担です。レーザーは肌にあたえる負担が非常に大きいため、ピンポイントでの照射をしています。IPLフォトフェイシャルは、血管とメラニン色素のみに影響をする光のため、肌への負担が少なく、ある程度広い領域に照射をしても副作用が発生することが少ないのです。
icebering2
また、IPLフォトフェイシャルを施術するためには医師免許が必要です。医師がお肌の具合を診察しながら施術を行うことも安心できるポイントですね。

IPLフォトフェイシャルを行う際には、施術前にカウンセリングと肌の調子の診察があります。診察の際は、お肌の水分量などを機械を使って測定します。診察の結果によって、使用するジェルや光の強さを調整します。最初にジェルを塗って、光をあてて、最後に再びジェルや湿布を貼って終了です。ジェルは、お肌を保護したり、熱を持ったお肌を冷却したりといった作用があります。お肌がチクチクしたり、ほてったりすることもありません。
たいていのクリニックが無料体験や無料カウンセリングを行っていますので、一度お話だけ聞いてみるのもいいですね。

新着情報

◆2014/07/01
今すぐお問合せを新規投稿しました。
◆2014/07/01
肌に負担が少ないIPLフォトフェイシャルの情報を更新しました。
◆2014/07/01
フォトフェイシャル協会についての情報を更新しました。
◆2014/07/01
フォトフェイシャルの効果が出るまでの情報を更新しました。
◆2014/07/01
クリニックの選び方の情報を更新しました。